2019年11月10日

西可児美容室 改装までの道のり-2

第1期工事からしばらく時間が空きましたが。。。西可児美容室の第2期工事が始まりました。残工事は結構多くて、終わるかどうかいまいち心配。。。万が一残しても良い工事は後回しにしてまずは営業に関わる部分から。
1、お店の動線改善に大きく関わるシャンプー台移設工事。
既存床はほとんど塞がれ、点検口がなかったため、こんな大手術に。配管移設は大変です。。。
スペースを確保するために最大限壁に寄せ、設置。
美容室改装

2、配管移設完了後、床材を補修、その後上貼り。
夜間作業となりました。。。職人の松田さん、ありがとうございます!
美容室床張り替え

3、アーチ開口を塞ぎ、(写真は塞いでいる途中ですが)店側は陳列棚に変更。裏側はカラー材の収納棚に。この写真にある配線も全て整理していきます。
アーチ開口改造

4、そしてオーナーからの切なる要望だった窓を光らせたものを壁につけたいとのご注文。少しでも狭いお店に奥行きを、ということでのチャレンジ。窓の位置決めも迷いに迷い。。。。(笑)
窓を光らせる
シャンプー台に座ったときに見てもらえるよう位置決め。アンティーク窓を利用。壁をくり抜き、照明を配し、大成功!入り口側からも見えお店の雰囲気づくりに一躍買っております。アンティーク窓美容室改装

5、外観のフェンスにも少し味付け。一部をくり抜き、ここにもアンティーク窓を取り付けました。外からはもちろん、中からも見える位置なのでこれまた、配置決めも慎重に行いました。

当初動かない嵌め殺し窓を想定していましたが、やっぱり開いた方が素敵よね、ということで突き出し窓にしました。中の照明がステンドガラスを灯してとっても良い感じです!!アンティーク窓活用

完成した店内は施工事例のページにて。
西可児美容室 シャビーアンティークな空間に改装 をご覧ください!

CONTACT

インテリア、店舗やお部屋の内装、また家づくりで何かお困りではないですか?
ご相談は無料、こんなとき、あきらめないでぜひご相談ください。

□インテリアをどう組み合わせたら良いかわからない時
□自分のイメージがなかなか工務店に伝わらない時
□古い素材を使った店舗、家づくりをしたい時
□子供が小さくてインテリアまで手が回らない時
□古い家具や建具を捨てるのがもったいなくて買取ってほしい時


お打ち合わせの事前ご予約もこちらからいただくとスムーズです。
お電話(受付時間:11時〜17時)
遠方の方はお電話・メール等で対応させていただきます。
お気軽にご相談ください。

0568-36-9730

出張対応について

小さなお子様がいらっしゃる方、実際にご自宅や店舗の現状を見ながらお打ち合わせをご希望などの場合、当店のスタッフがお伺いしますのでお気軽にご相談ください。

遠方の方へ

ご来店が難しい遠方にお住まいの方はお電話・メール等で対応させていただきます。お気軽にご相談ください。

定休日のご来店・お打ち合わせ

事前にご相談いただければお客さまのご都合にあわせて対応させていただきます。