2013年10月23日

車リビングへの挑戦

先週末、テレビ塔界隈で行われたソーシャルタワーマーケットに出店させていただきました。はたからみると以前となにもかわらないテレビ塔ですが、アナログ放送終了後電波塔として役割は終了。維持管理の問題から「存続か?取り壊しか?」とういう現実も抱えているわけです。そんなテレビ塔に新しい価値を!というコンセプトのもとはじまったこのイベント。出店のお話をいただいたとき、ただお店をだすだけだと、このイベントの主旨に失礼かなと感じました。そこで以前から表現したかった車の内装をリビング化し、車とインテリアの融合を表現したいと。そんなワガママを受け入れていただき、今回の展示が実現しました。

緑溢れる公園はインテリアも生き生きとしてみえます。

想像以上の反響で車リビングをのぞく人、車といっしょに写真を撮る人。
女子高生から車好きのおじさままで幅広い方に喜んでいただきました。
家具や車の内装についてのお問い合わせもいただきうれしい限り。↓車リビングの様子

雨だといっていた天気予報をよそに雨がふることなく1日を終えました。

しかし、2日目は準備もできないほどの豪雨!そこで、雨にそなえて用意をしていた軒を車と合体。この展示は、雨が降らなかったら造作することもなかったでしょうから、豪雨はたいへんだったけど違った表現ができ、うれしい誤算。

しかもこんな雨なのにお客様も途絶えません。
これはわたしたちもびっくり。このイベントに対する価値が別のところにあるんだとそう感じることができました。そしてうちのぼくちゃんも。。。雨のほうが元気なんじゃないかと思えるほど。子供のなんでも楽しめる才能は尊敬しますね!

出店の合間テレビ塔2Fで開催されていたオイシイワークス×ブックマークナゴヤのカフェにもおじゃましました。アナログ放送時代、機材がおいてあったこの場所は普段は空っぽの空間。しかし築60年の往年経過と無機質な質感は古いもの好きにはたまりません。窓、窓から見える公園の景色、空、荒々しい床、取手ひとつとっても魅力的でした。


今後この空間にも新しい使い方が発信されていくようです。機会があればTRIMSOもなんらかの形で家具とかいれてみたいなあと思える空間でした。
オイシイワークスさんの美意識にも感嘆!このトレイコーディネート、素敵ですよねえ。

このイベントを通じて当店のことを知ってくださったお客様、関係者の皆様、またお店でお会いできたらうれしいです!そしてテレビ塔が取り壊されることなく、これからも名古屋のシンボルとしてさらに進化しつづけることに今後とも微力ながら何かできればうれしいなあと。ソーシャルタワーのスタッフの方々本当におつかれさまでした!そしてありがとうございました!

家具やリフォームに関する
お問い合わせはこちら

お電話(受付時間:11時〜17時)