2018年5月25日

造作洗面台とタイルで水回りが大変身

今日は最近問い合わせの多い造作洗面台とキッチタイル壁についてご紹介。
長く暮らした家、または中古住宅をご購入された方、いろいろな状況がありますが、
洗面台もキッチンも毎日の生活の中心で、家族みんなが使うところ。
使い勝手はもちろんですが、お気に入りの空間だと気分も高まりますよね。
今回プチリノベーションさせていただいたKさんはご主人のご実家をご結婚を期に引き継がれ、現在ご夫婦とお子様の3人暮らし。
DIYお得意のKさんですが水回りはさすがに手がだせず、お問い合わせいただきました。
BEFOREはコチラ

通常のリフォーム業者さんは新しいシステムキッチン、システム洗面台をいれたほうがいいですよ。。。
と口を揃えていわれたようですが、すべて新しくしなくてもキッチンの状態もすこぶるよいし、ダブルシンクでとても使いやすそう。
ましてやレトロな雰囲気もとっても愛らしい。ただ、水回りのステンレスがはがれていたことと、
既存のタイルも浮きがみられ、リメイクシートを貼っておられましたがチープな感じがもったいない。
そこでレトロキッチンにあわせてタイルを貼ることをおすすめしました。AFTERがコチラ。

タイルの色は家具や床材も茶系だったことからアクセントでネイビーをチョイス。
このタイルはずっとむかしからビルの外壁として使われてきたロングセラータイル。
釉薬の濃淡で1枚1枚微妙に色が違うところが奥ゆかしい。
水栓周りの立ち上がり部分は寸法的にタイルを幅狭くカットすることになり、見た目もいまいちになりそうだったので、
あえて違うタイルを見切りとして使用。わかりますか?飴色のボーダータイルを一番上にいれてアクセントになっています。

違ったタイルを組み合わせることは昔はよく使われた方法で、見切り部分にいれると全体がピシッと締まる効果もあるのでおすすめですよ。
キッチンからつながる部分の脱衣所は造作洗面台を中心にまるごとリフォーム。BEFOREがこちら。
まさに実家の洗面台って感じです。

そして工事後AFTERがこちら。
木製のカウンターにいまや定番となった実験シンク。立ち上がりにはレトロなミックスモザイクタイルを。
このタイルのネイビーにあわせて床もネイビーのPタイルを選びました。キッチンタイルもネイビーだし、
メインカラーに統一感があると空間に広がりが生まれますね。

洗面でお化粧をしたいというご要望から洗面台カウンターにしまえ、ミラーと高さもそろえた少し高めのスツールも製作しました。

壁の厚さを利用して作ったニッチも収納に大活躍です。
昔のおうちは特に家が広いわりに脱衣所が狭いことが多く洗面スペースも思うようにとれないことがほとんど。
そんなとき壁の厚みを利用した収納はとても助かりますよね。

古いお家にしかない要素やディテールを生かし、今回の工事も終了しました。
工事中にKさまがチクチク刺繍してくださったTRIMSOロゴ入りふきん、大切に使わせていただきます!
文字の色がグラデーションになっていて感激!丁寧に暮らされていることがひしひしと伝わってきますね。

Kさまありがとうございました。今後もDIYでさらなる変貌を遂げていくことかと思いますが、楽しみにしています。
ただ新しくするリフォームに疑問を持たれている方、ぜひお問い合わせください。
その方それぞれの好み、またその空間を活かすようアイデアをひねりだします。
お問い合わせはコチラから。

家具やリフォームに関する
お問い合わせはこちら

お電話(受付時間:11時〜17時)