2019年4月21日

部分的ちょこっとレトロリノベーション

築30年の中古マンションの部分的リノベーションをさせていただきました。
何度かリフォームされてきた物件だったのでその当時のレトロな素材はあまりありませんでしたが、唯一残っていたこのドア。このドアを軸にレトロな空間に生まれ変わりました。

毎度おなじみ、ユニット洗面台を造作洗面に。
しかもこの造作洗面台、もともと施主のNさんが持っていたカリモクデスクを再利用して作ったもの。デスクのサイドワゴンもそのまま収納として使います!
水はね部はタイル貼り。Nさんが好きなオレンジ色をあしらった柄がとても愛らしく仕上がりました。

同じタイルで大きさ違いのものを既存のキッチンカウンターの天板に貼りました。
角がアールなので仕上げはなかなか大変でしたが、苦労したかいありました。

リビングから見ると、カウンター、そしてドア越しに洗面のタイルもさりげなく見える感じがたまらないのです。計算どうりです(笑)

リビングと和室がよくある定番の仕切り方ですが、襖で仕切られていました。
日本の家や特にマンションはこういった建具で仕切られている空間が多い上に、窓も多いので
家具の配置にとても困ります。このブログを読んでくださっている方の中にも多いのではないでしょうか?なので全て襖建具だった箇所の半分を壁に変更。
和室からの光や風は通したかったので、壁には内窓を。

入り口の引き違い建具は古建具を再利用。
この建具は壁の後ろに2枚とも引ける寸法に仕上げているので、和室とリビングを繋げた感じで使いたいときは入り口を広く取れるようにしています。カーテンもカラシ色をセレクトし、ドア以外なんの変哲もないリビングがレトロな味のある空間に生まれ変わりました!
玄関にもサイズぴったりの靴箱を製作。風通しがよくない場所なので通気性をよくするため穴のある有孔ボードを扉に使いました。


サイズぴったりはスペースに無駄がありません。
オーダーならデザインもサイズもお好みに合わせて自由自在。

間取りからそうとっかえのフルリノベーションは一から好きにできるので、もちろん楽しいですが、元々の間取りが変更しなくても大丈夫だったりする場合はこういった部分的リノベーションでも全く雰囲気の違った空間を手に入れることができます。

1軒屋でもマンションでもお店でも。変えたいなあ、と思っているところがあるアナタ。
ご相談いつでもお待ちしております。
ご相談はこちらから

以下BEFORE写真です。
上と比べてみてくださいね。

家具やリフォームに関する
お問い合わせはこちら

お電話(受付時間:11時〜17時)