2020年1月21日

完成!建売住宅リノベーション in 松阪 VOL.2

さて、合計約5日間の現地工事で完了した松阪のFさん宅リノベーション。工事の様子はこちら
ご新築で施主さまもまだお住まいのない中、改装しているのは側から見ると、新築なのになんで?ということになりますが、住まいこそわがままであっていいもの。その方それぞれの暮らしがあり、その様々な暮らしに対応した既製品の建具や設備がないから修理しているという感じでしょうか。暮らしが楽しくなる空間というのは毎日の日常が180度変わる、と断言できるので、私たちができることは微々たることかもしれませんが、お客様それぞれに寄り添って、今後も続けて参ります!

リビングと和室の引き違い開口部を家具が置きやすいよう腰板を塞ぎ、上に古ガラス窓取り付けました。奥様の作業場とリビングに繋がりがあり、光も風も通す内窓としました。
突き出し窓はのっぺりしがちな壁をいろどってくれます。祖父母さまから譲り受けたレトロなソファとしっくり馴染んでいます。この開口を塞いだおかげでテレビの居場所も無事確保されました!

建売住宅リノベーション

レトロ内窓そしてキッチン周り。真っ白だった空間に塗装壁と木部、タイルで味つけました。
照明、ダイニングテーブル、レトロチェアも合わせてどこか懐かしい雰囲気に近づけました。

タイル面には飾り棚を。キッチンの背面収納はレトロなすりガラス戸と板戸に変更。リビングから見える景色も激変しました。
建売住宅リノベーション
洗面は下のシンクはそのままで、上のミラーキャビネットを撤去。上部は別のミラーボックスをつけ、収納力は確保、タイルに合わせて陶器のツマミをつけアクセントにしました。
水はね部だけはタイルを貼り、ミラーの背面に電気配線と通すため、壁をふかし、板ばりで仕上げました。右手にドライヤーなどに使えるコンセント、照明のスイッチを配しました。
建売住宅リノベーション

以下リノベーション前のお部屋。本当に白いです(笑)シンプルではありますが、何か物足りないですよね。一般的に現代の住宅に採用される化粧板の建具はツルツルピカピカで味気なく、空間の雰囲気を左右する建具の役割をになってないものになっており、残念に思います。
今後当店も何か皆様にお届けやすいものを企画販売していきたいと考えていますのでお楽しみに!
before写真↓
 


家具やリフォームに関する
お問い合わせはこちら

お電話(受付時間:11時〜17時)