2018年11月26日

レトロミックス、好きが詰まった家 春日井市S 邸

家具とモノが生き生きと育つ、レトロミックスなお家が完成しました。
Sさんとのご縁は美容院の改装をさせていただいたことをきっかけ。
春日井 美容室 suzu+oto さん 情報はこちら
この度、マイホームづくりにも協力させていただくことになりました。
リビングドアはイギリスビンテージ。ハンドルやパーツは真鍮素材を選びクラシックに。
型ガラスから独特の光が漏れ、お家に帰るのが楽しみになります。

リビングの一部の壁にはご主人念願のチークの古材貼り。
ビンテージドア、ビンテージのリビングボードと馴染みすぎです。

家を建てる前から持たれていた水屋(写真左手食器棚)
お気に入りの食器がガラス越しに見えてテンション上がります。この水屋の位置や見え方を考えて、間取りを考えていきました。

当初この食器棚の近くに冷蔵庫がありましたが、せっかくの味のある表情の近くに家電が見えると
素敵さ半減してしまうので、冷蔵庫はシンク横にパントリーを作ってその中に隠しました。
パントリー上の欄間部分にはレトロなガラスをはめ込みました。照明が映り込み良い感じです。 洗面台に使った焼き物タイル。ムラがなんとも言えません。リビング階段のため、冬の空調を保つために階段上がりにカーテンを。
カーテン生地は頒布、ハトメタイプのカーテンでスッキリ見せています。

ドアのカラーリングも素敵。

Sさんはほんとモノ好き。 その愛おしい一つ一つのモノたちが、家に表情を出して、これからまたどんどんSさんらしく、育っていくと思う。 そして漆喰壁で内装材も木製だから、そのモノたちもより生き生きして見える。 つまり、素材感が良いもの同士が相まって、モノと家がお互いを引き立てているという相乗効果を生み出している。

家はできた時が完成ではありません。育てて行くもの。
家具や雑貨が生きる家が欲しい。
新築だけど新しくない感じにしたい。
アンティークやビンテージの部材を取り入れたい。

設計、施工:クラシカホーム
インテリアコーディネート、全体監修:トリムソウ
そんな方にトリムソウの家づくりはピッタリ。気になった方、今までの施工事例もチェックしてみてください。そしてなんでも相談くださいね。

トリムソウの新築・リノベーション施工事例はこちら

家具やリフォームに関する
お問い合わせはこちら

お電話(受付時間:11時〜17時)