2020年12月21日

昭和の一戸建てレトロリノベーション

一般的な昭和の戸建住宅の1Fをリノベーションさせていただきました。水回りはまだリフォームしたてだったのでトイレとお風呂はそのまま触らず。設備関係を変更するか否かでトータル金額は全く変わってくるので中古住宅を購入する際のチェックポイントの一つかもしれませんね。

もともと田の字の4つの部屋を一つの部屋に。
真ん中の通し柱と筋交いは構造上取れないため、残して部屋のアクセントに。
天井は全て杉板貼り、床材はカラマツ。壁は漆喰。自然素材の家は本当に心地よい。
あ〜ゴロゴロしたい。

奥の小部屋は奥様のお菓子工房。古い窓と建具を再利用し、しきりました。  ダイニングテーブルや椅子も当店にて製作&セレクト。 キッチンはトリムソウオリジナルキッチン。ステンレストップのL字型。
背面の出窓に古ガラス扉をつけて、食器棚に変身しました。リビングのドアは開口はそのままでドアのみ製作。キッチン詳細はこちらのブログもご覧くださいね。オリジナルL字型キッチンorder kitchen

造作洗面。赤ちゃんも洗えそうな大型の実験シンクをタイル天板で。
トイレ本体は既存のままですが、タイルトップのカウンター手洗いを追加し、イメージを一新。

トイレの広いスペースに、ペーパーなど入れる収納を。デットストックタイル使用。
床はクラシックなPタイルに張り替えました。

工事前BEFOREはこちら
毎度の事ながら跡形もありません。。。。(笑)
リノベーションってこの落差が楽しいですよね。

リノベーションは取れない柱や変更できない箇所など多少の制約がある場合もありますが、建物の基礎部分があるので、新築よりはコストも税金もぐーんと抑えられる分、自分好みの空間にする費用を多く取れるのが魅力。今後もっと古いお家が壊される事なく引き継ぎできるようできると良いなと改めて思います。

CONTACT

インテリア、店舗やお部屋の内装、また家づくりで何かお困りではないですか?
ご相談は無料、こんなとき、あきらめないでぜひご相談ください。

□インテリアをどう組み合わせたら良いかわからない時
□自分のイメージがなかなか工務店に伝わらない時
□古い素材を使った店舗、家づくりをしたい時
□子供が小さくてインテリアまで手が回らない時
□古い家具や建具を捨てるのがもったいなくて買取ってほしい時


お打ち合わせの事前ご予約もこちらからいただくとスムーズです。
お電話(受付時間:11時〜17時)
遠方の方はお電話・メール等で対応させていただきます。
お気軽にご相談ください。

0568-36-9730

出張対応について

小さなお子様がいらっしゃる方、実際にご自宅や店舗の現状を見ながらお打ち合わせをご希望などの場合、当店のスタッフがお伺いしますのでお気軽にご相談ください。

遠方の方へ

ご来店が難しい遠方にお住まいの方はお電話・メール等で対応させていただきます。お気軽にご相談ください。

定休日のご来店・お打ち合わせ

事前にご相談いただければお客さまのご都合にあわせて対応させていただきます。