2013年9月13日

古民家のお宝再利用

以前ブログでもご紹介した築70年の古民家
棲さんより集まった個性溢れるシェアメンバーも決まり、いつでもおいしいコーヒーも飲めるカフェは常設。
その名も“自由空間 八田”ときまり10月オープンにむけて着々と準備が進んでいます。
今回トリムソウではこの空間の全体のインテリアを担当させていただくこととなり、この家に眠る素材を最大限に活用中。
今日は管理人のK氏とシェアメイトのH氏で保健所許可を得るための、厨房壁づくり。
築70年の時の経過で左右の寸法がちがってきたりしていて、なかなか至難の技。

しかしハンドメイドのアクセサリーを製作しているH氏。木工の腕前もさすが。
まだまだ蒸し暑い中、やっと完成し、この笑顔!

とはいえこの壁、ベニヤのままではあまりにも素っ気ない。
というわけで仕上げる素材を屋根裏で素材を探すことに。
階段を上るとたくさんの建具と長持が!(おそらく江戸時代のもの!)

そんな間私はなぜかコーヒーをいれるカウンターづくり。
トップの天板に使った無垢の板は納戸でみつけた長机。
脚のみホームセンターで購入。
腰板には↑の屋根裏にいってみつけた雨戸3枚を。
しかもこの雨戸、カウンターの脚をつけたあと発見したのに、見よ、この寸法、測ったように高さも幅もぴったり!
こういう運命になっていたのですね。皆で大興奮しました!

玄関の正面にカウンターを配置し、コーヒーをいれつつ、みなさまをお出迎えします。

仏間を仕切る戸棚は納戸からでてきた水屋の下置き部分。上置き部分も別の部屋で活用。
美しいお庭を眺める縁側のソファ席と、座敷のちゃぶ台席のレイアウトも大枠きまってきました。

あとは照明や小物のディスプレイで完成させていきます。
また次回オープン準備が完成したら情報をアップしたいと思います。

CONTACT

インテリア、店舗やお部屋の内装、また家づくりで何かお困りではないですか?
ご相談は無料、こんなとき、あきらめないでぜひご相談ください。

□インテリアをどう組み合わせたら良いかわからない時
□自分のイメージがなかなか工務店に伝わらない時
□古い素材を使った店舗、家づくりをしたい時
□子供が小さくてインテリアまで手が回らない時
□古い家具や建具を捨てるのがもったいなくて買取ってほしい時


お打ち合わせの事前ご予約もこちらからいただくとスムーズです。
お電話(受付時間:11時〜17時)
遠方の方はお電話・メール等で対応させていただきます。
お気軽にご相談ください。

0568-36-9730

出張対応について

小さなお子様がいらっしゃる方、実際にご自宅や店舗の現状を見ながらお打ち合わせをご希望などの場合、当店のスタッフがお伺いしますのでお気軽にご相談ください。

遠方の方へ

ご来店が難しい遠方にお住まいの方はお電話・メール等で対応させていただきます。お気軽にご相談ください。

定休日のご来店・お打ち合わせ

事前にご相談いただければお客さまのご都合にあわせて対応させていただきます。