2018年2月15日

高蔵寺 空き家問題へのチャレンジがスタート

昨今ニュースでもよく聞く〝空き家問題‘。
人口減少や核家族化が生んでしまった住宅事情の現代病ともいえると思います。
しかしその一方で家がほしい人、家を探している人もたくさんいるというアンバランスな現状。
当店が所在する春日井市は実は約30万人もの人が住んでおり、みなさまも耳にしたことがあるであろう高蔵寺ニュータウン
巨大公団住宅があるエリアがあります(このエリアだけで都市計画当時の人口は8万人、現在は約5万人)
そう、昨年話題をさらったドキュメンタリー映画〝人生フルーツ‘の舞台。ご覧になった方も多いのではないでしょうか。
その公団含め周辺の空き家問題を、春日井市民の手で解決しよう!とスタートしたプロジェクトが昨年末よりスタート。
自分たちの手で改修し、その空き物件を生かしていく〜。市民からDIYをやって見たい方を募り一緒に工事していく。。。
一般的な工事業者にまかせると高いし、ただ新しくなるだけでその物件の価値はなくなってしまうからです。
そこで自分たちの手で工事をしているトリムソウにもご縁あって春日井市よりお声がけいただき、
この度1軒屋の工事をさせていただくことになりました。この家は貸家となる予定で、すでに借主もきまっておりますが。
昭和の名残が残る、和洋折衷の日本建築です。
工事プランは私たちが計画させていただいていますが、作業は市民のDIYメンバーの方々と協力しすすめていきます。
こちらが現状。和もの、レトロ、タイルが好きな私にとってはこのままでも魅力的な物件(笑)




生かせるところはそのまま生かし、少し間取りと内装材を付け加えていきます。
コンセプトはいつも通り、‘古きを生かし、さらなるこの家、この空間を生かす。‘それに尽きます。


ファーストプランは↑こんな感じですが、なにせDIY工事の一番いいところは、作りながらかえていけるところ。
すでにここはこう変えたいよねといっている箇所もあり、どう仕上げていくか、を練り上げています。
どうなることやらですが、みなさんと共に形にしていけたらと思います。工事の様子は頑張って今後アップしていきたいと思います。

家具やリフォームに関する
お問い合わせはこちら

お電話(受付時間:11時〜17時)