2018年3月24日

高蔵寺空き家問題解決プロジェクト工事も大詰め

築35年の古家を市民のみなさまとともにDIYで改装していこう!というこの試み。はや1ヶ月たった今、
どう変わってきたのか少しみなさまにご報告いたします。
まず改装工事は市民DIYメンバーで壁塗装からはじまりました。エコ塗料という素材で凹凸がある自然塗料をチョイス。塗装はなんといっても養生がたいへん。廃校になってしまったご近所の小学校の机を作業台やら脚立がわりやらに再利用させていただいております。

キッチンの床を貼り直し、弱かった下地も直し、そこから続く和室を洋室につなげて床貼り。
床材に選んだのは赤松の無垢材。節がない割にローコストでなんといってもこの家に合い、柔らかい木材は断熱効果も高いのです。

畳の部屋を1室減らし、キッチンからつなげてLDKに。
そしてオイル塗装はまたDIYメンバーのみなさまで。撥水力の高くメンテナンスも容易なオスモオイルを。

奥の和室とLDKの仕切りは羽目板を貼り、下がり天井に。

LDKにあたる部屋のもともとの押入れ部分はテレビボードと収納棚に変身させました。
天井に照明を仕込み、いい雰囲気。収納力もありすぎるくらいあります。

そしてキッチンといえば欠かせないのがタイル、今回もタイル愛好家の森上さんを助っ人にタイル貼りを楽しくやってもらいました。システムキッチンは一部撤去し、扉を変更。ハンドルはもともとのキッチンのものを外し再利用しましたよ。うーんレトロでいい感じ!

物件の全貌がみえてきましたが!工事はまだあと少しつづく。。。
高蔵寺エリアの中古物件を借りたい!買いたい!活用したい!そんな方は是非当店までぜひお話お聞かせください。お問い合わせはこちらから

家具やリフォームに関する
お問い合わせはこちら

お電話(受付時間:11時〜17時)