2020年1月16日

建売住宅改造リノベーション in松坂 VOL.1

今年の初仕事はなんとin松阪。現在お住まいは東京で、地元の松阪に戻られるというということでで当店にリノベーションのご相談に昨年お問い合わせいただきました。ホームページで当店を見つけてくださったFさん。当店がよく使っている古建具のガラスをみて、懐かしく感じていただいたそう。お仕事の関係から好立地だったのが、この建売住宅で、”この白すぎてピカピカな空間を味にある空間に変えて欲しい“とのご依頼でした。

まず、キッチン周りの造作。学校が冬休み中の小さなスタッフも働きました。建売リノベーションキッチン周りの壁だけ塗装。
建売改造リノベーション
袖壁にはタイルを貼り、かなり見違えてきました!!!キッチン背面の収納はリビングからもツルツルピカピカが見えると悲しいので、扉を変更するため、扉をとっています。

そして既製品の洗面台をリメイク。こういった設備は丸ごと取り替えると、水道工事など付随する工事も多くなるため、できるだけあるものは再利用していきます。
洗面のライトとドライヤーなどのコンセントの配線を通すため、壁をふかして、板を貼っていきます。そこに収納付きミラーボックスを固定。下の引き出しの面材も変更します。

建売改造リノベーション
水跳ね部分はタイルを。このタイルムラがあってレトロで可愛すぎ!初めて使うタイルなので私も仕上がりがとっても楽しみです。

1Fリビング横に和室があるのですが、そこは奥様の仕事部屋になるため、リビングと繋がっている必要はないこと、また入り口は1箇所あるので、そこを塞ぎ、光や風は通せる様、内窓をつけることにしました。その内窓にはこの古いガラス建具を使います。

工事途中の写真がないので。。。現状写真のみになりますが。
日本のお家は本当に建具が未だに多くて、家具が置きづらいですよね。このお家のリビングもテレビを置くところがなくこの開口を塞いだ箇所にテレビボードを置く予定です。

さてさてこれからどうなるのかは建売住宅リノベーションVOL-2の記事をご覧ください。

家具やリフォームに関する
お問い合わせはこちら

お電話(受付時間:11時〜17時)