2017年8月14日

絵本の世界からインテリアを学ぶ!「スモールさん」シリーズ

さてさて、前回に続き、絵本からインテリアを学ぶブログ、第二回目。
今回もアメリカの絵本ですが、消防士のスモールさんが主人公のシリーズの中の1冊。
アメリカのオハイオ州出身のロイス・レンスキーによって作られた「スモールさんはおとうさん」という絵本を題材に紹介していきます。
◾️「スモールさんはおとうさん」ってどんなお話?
消防士のスモールさんは奥さんと赤ちゃんとポールくんとポリーちゃん、そしてペットのワンちゃんと一緒に丘の上の大きなお家に住んでいます。

このお家では家族みんなでそれぞれが出来る事を協力して生活しています。
もちろん子どもたちもお手伝いします。
お父さんのスモールさんは仕事から帰ってくると洗濯物を干したり、草を刈ったりと家でも大忙し。
水道が水漏れすれば、スモールさんの出番。
子どもたちはスモールさんが水漏れを直す様子を尊敬のまなざしで見ています。
日曜日にはお料理を手伝って奥さんのお休みを作ってあげます。
こんなスモール家の一日と一週間が淡々と綴られる絵本です。
◾️インテリアの参考になるポイントは?
仕事から帰ってきてからも家の手伝いをするスモールさんが、自宅のインテリアや家族との生活を皆で楽しんでいる姿はかなりステキ!
スモールさんが休みの日に絵を飾ったり、水栓をなおしたり、生活を大切にする心を学ぶことができます。

彼のようにインテリアを楽しんだり、家を大切にする気持ちがあれば、お部屋での暮らしも豊かになりそうですね。
自室を自分で飾り、壊れたところを自分で直すという暮らし方は、昔の日本ではかなり当たり前だったのでそういう風潮がもっと広まってほしいなとも思ったりします。
また家族が集まるリビングを見てみると、水色の壁紙に黄色いチェックのカーテンが組み合わさっていて愛らしいですね。

でました、またハイバックの1人がけソファ!やっぱりお父さんのスモールさんのパーソナルスペースのようです。

◾️アメリカらしさも楽しめる
お話の中ではスモール一家が教会へ足を運ぶ様子が描かれています。
神父さんのお話を聞いたり、賛美歌を歌う様子も描かれていて、アメリカらしさを楽しむことができますよ。
教会の壁紙、床材、ドアの配色が絶妙でインテリアコーディネートにも参考になると思いますので是非見てみてください。
この絵本ではインテリアアイデアのみではなく、インテリアを楽しむ心も学ぶことができます。
インテリアを楽しむ際は絵本のアイデアを参考にしてみてくださいね。
気になった方は是非手にとってみてくださいね。
「スモールさんはおとうさん」 他にもたくさんシリーズがでているのでシリーズでも是非楽しんでください。

家具やリフォームに関する
お問い合わせはこちら

お電話(受付時間:11時〜17時)