2016年12月8日

新築を建てる際知っておきたいポイント〜窓編〜

ご結婚や転勤など、住む場所を変えるタイミングでマイホームを建てようとお考えの方も多いのではないでしょうか。
どれだけ疲れて帰ってきても落ち着ける家があると、それだけで日々の仕事も頑張れますよね。
一生に一度の家づくり。失敗したくないという思いはみなさん同じかと思いますが、初めての家づくりですからわからないことだらけ。
何が正しいかなんてわかるはずがありません。
私たちトリムソウは仕事をする中でたくさんのお宅の図面やお宅を拝見してきました。
そこには目をみはるような斬新なアイデアもありますが、もっとこうしたらいいな、、と思うことも多々あります。
お越しいただければ実際にアドバイスさせていただいておりますが、もっとたくさんの方にお伝えできたら。。。と。
そこで、新築を建てる際のポイントをみなさまに家具屋の視点からお話ししていきたいと思います。
第1回目の今日は窓について。
20130628_%e3%82%a4%e3%82%a8a_%e5%86%85%e8%a6%b3%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc
1つ目のポイントは、窓の形と配置です。 まずその窓の下や横にはどんな家具を置く予定ですか?
家具の後ろにカーテンが挟まっている、実家にそんな部屋なかったですか?(笑)
家具の配置を考えていないと、カーテンや窓と家具がかぶってしまってせっかくのお部屋が台無しになります。
また窓と外のプライバシーはカーテンでとることは当たり前ですが、外からの視界を外せる高窓(ハイサイドライト)は更に効果的です。
↑上のスケッチのように高窓は、おのずと壁の量も増えるので家具の配置や置ける家具の高さの自由度もかなり上がります。
またカーテンなどを取り付ける必要もないので、インテリアのコストもダウンできます。
逆に小窓など窓の多いお宅は窓の数分コストがかかってきますから、カーテン類の予算もかなり上がってしまうことを事前に把握しておきましょう。
インテリアの配置はもちろん、どういったカーテンやブラインドをつけたいか、平行して考えるのが重要。
cortain_sheed
2つめはガラスについて。窓のガラスはクリアガラスと磨り(型)ガラスから選べます。
トイレやお風呂を磨りガラスにするのは当然。
他にもお隣や道路から見える箇所の小さな窓や、階段ホールの開け閉めが難しい窓など、磨りガラスにしたほうがいい箇所がきっとあります。
水回り以外の窓まわり、もう一度チェックしてみてください。
3つめのポイントは、サッシの色。
壁になじませたいならホワイト、引きしめたいなら黒や茶など。サッシの色で中からも外からもかなり印象がかわります。
中と外で色が変えられるサッシもあるのでよく確認してみてくださいね。
IMG_4108 (1)
新築を建てる際に知っておきたい窓に関するポイント、お分かりいただけたでしょうか。
家づくりとインテリアは平行して考えなくてはならないもの。そこを忘れないでください。
それと同時に断熱性が高い機能性に優れたものを採用できれば更に快適な住まいを実現することができます。
新築の住まいを建てようとお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。 次回のブログでは住宅の照明についてお話しますね。

家具やリフォームに関する
お問い合わせはこちら

お電話(受付時間:11時〜17時)