新築を建てる際知っておきたいポイント〜収納編〜

新築を建てる際「開放感があって、できるだけ生活感のない空間にしたい」と考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
やはり友達を家に招いたときなど、片付いているなという印象を持ってもらいたいものですよね。
もちろん片付いている家というのは、普段から掃除する習慣をつけることも重要ですが、「片づけやすい収納」があるということも大変重要なポイントとなります。
そこで今回は、収納について、どういったポイントを押さえて選んでいくのがいいのかをご紹介します。

ポイント1:初めに部屋のどこに何の収納が必要なのかということをリスト化しましょう。
今自分の周りにある「使っている」物は何なのか、使いやすい位置にそのものは配置されているのかを考えることがリスト化のポイントです。

ポイント2:自分が一番滞在するであろう部屋、場所に収納がありますか?
例えばリビング。おそらく大多数の方がリビングにいる時間が長いと思います。
しかしリビングまわりに収納がない、、、そんな家はかなり多くみうけられます。
毎日使う帰ったかばん、コート、読みかけの本、すぐちらかる子供のおもちゃ。。。
すぐしまえるとこありますか?続いて脱衣所。タオル、パジャマ、下着は最低限しまいたいですよね。
小さなお子さんがいらしゃれば、肌着やおむつ、着替えもすべてしまえるととても便利です。
そしてキッチン。最近ポピュラーなパントリー(食品庫)は家電や冷蔵庫もしまうことも併用でき、重宝します。

ポイント3:収納の広さ
今の住まいにはどのくらいの収納があるのかを事前に算出しておくことも重要です。
また、新築の間取りで収納についてチェックしておきたいポイントとしては、図面の収納スペース自体の広さではなく幅、奥行きの長さの確認です。
収納に使うクリアケースなどのサイズと収納スペースの奥行、高さは合っているでしょうか?
床面積で収納スペースを広くとっているから大丈夫だと思っていても、いざものを入れてみると高さが足りなかったり、
扉を閉めると奥行の長さが足りなかったりということも少なくありません。事前に幅や奥行きの部分もチェックしておきましょう。

ポイント4:収納扉の使いやすさというのも収納を選ぶ上で大切なポイントとなっています。
引き戸、開き戸、折り戸など収納扉にもいくつか種類がありますが、部屋の家具の配置によっては折り戸が空きにくかったり、
引き戸を配置するスペースがないということも考えられます。
場所によっては、扉が本当に必要?ということも合わせて考えたいものです。
カーテンやのれんなどの間仕切りでも素敵に見せる方法はたくさんありますし、出入りも容易で、ドアに比べローコストですむのも嬉しい。
noren
このように、新築に必要な収納スペースは床面積ではなく、実際にしまうものの寸法が大きく関わること、また使う場所に片付けられるところがあることが大切。
家族全員が片づけやすい収納プランを採用することで、日ごろから片づけの習慣もつき、いつまでも新築のような状態を保つことができます。
ぜひ参考にしてみてくださいね,

Top